MENU

PGCDの石鹸は悪評が多いの?気になる口コミを調べてみました!

2ステップのシンプルケアで、ファンデーション不要の肌になれるという口コミで評判のPGCDですが、ネット検索をすると「PGCD悪評」という検索候補も出てきます。
果たして悪評とはどのような内容なのか、全体の口コミでどのくらいの割合を占めているのかを公式サイトやレビューサイトなどから調べてみました。

 

 

レビューサイトをチェックしたところ、低い評価をつけている方の意見には次のようなものがありました。

 

・石鹸自体はとてもよかったが、使い続けていくにはコストが高い
・容器が贅沢すぎる、過剰包装は必要性を感じない
・乾燥がひどい箇所はヒリヒリしてしまうので、乾燥肌の自分には合わない

 

化粧品が肌に合うかどうかは個人差が大きく、コストや包装に対する考え方も人それぞれなので、このようなあまりよくない評価をされた方もいたようです。

 

 

上記のような低評価な口コミもありましたが、実際にレビューサイトを見てみると低評価は全体の10%くらいで、ほとんどの方が高評価でした。
そして、高評価をつけている方の意見には次のようなものが多くみられました。
・夜用のサボンフォンセがとてもいい、本当に石鹸でメイクが落とせてラクチン!
・肌のトーンが明るくなって、ほうれい線が目立たなくなった
・サボンクレールはさっぱりしているのにつっぱらない、朝にぴったりでメイクのりもよい

 

全体的に高評価の意見が多かったですが、スキンケアの効果は肌タイプや使い方によっても個人差があります。
使用したすべての人に同じ効果がですわけではないので、購入するときは自分の肌タイプに近いレビューを参考にしてみるのがベターだと思います。

 

→もっとPGCDの口コミを見たい人はこちら

 

PGCDの洗顔石鹸の3つの効果と朝用夜用のそれぞれの目的

PGCDはフランス産のソープで作られている洗顔石鹸です。
その特徴は高密度の泡です。
しっとりとした泡がお肌にしっかりと密着しその効果を高めてくれます。
具体的には「毛穴の奥の汚れまで吸着するパック効果」「透明感のある肌へ導くマッサージ効果」「くすみの原因となる古い角質を除去するピーリング効果」という3つの効果があり、使用を続けることでファンデーションいらずのみずみずしいお肌を目指すことができます。

 

使用方法も簡単で朝用のサボンクレール、夜用のサボンフォンセを使用し、1日2回の洗顔を行うだけと非常に簡単です。
朝の洗顔は「寝ている間に肌に溜まった脂汚れを洗い流すことで、起きている間のお肌へのダメージを軽減するため」また、夜の洗顔は「1日の汚れやファンデーションなどのメイクを落とし、寝ている間のお肌の再生機能を活発にさせるため」に行うもので、サボンクレール、サボンフォンセはそれぞれの目的を達成する為に配合成分を調整して作られています。

 

また、PGCDは「ヴィクトワールドゥラボーテ」というフランス化粧品業界最大級のイベントで、コスメ大賞である「ヴィクトワール賞」を受賞しています。
これは洗顔石鹸として世界で初めて受賞するという快挙であり、その効果は折り紙つきです。

 

→実際にPGCDの効果を実感してみたい人はこちらから

 

メイクアップをきちんと落としたいと…。

クレンジング以外にも洗顔をする場合には、なるだけ肌を傷めないように気を付けて下さい。しわのきっかけになるだけでも嫌なのに、シミ自体も広範囲になってしまうこともあるそうです。
納豆等を筆頭とする発酵食品を摂取すると、腸内に棲む微生物のバランスが整います。腸内にいると言われる細菌のバランスがおかしくなるだけで、美肌になることはできません。このことを把握しておかなければなりません。
不可欠な皮脂は除去することなく、不潔なものだけを除去するというような、ちょうどいい洗顔をするようにして下さい。それを順守すると、悩ましい肌トラブルも回復できる見込みがあります。
アトピーに苦悩している人が、肌に悪い影響を及ぼすリスクのある成分が混入されていない無添加・無着色、更には香料がゼロのボディソープを購入することを忘れてはいけません。
自身でしわを拡張してみて、それ次第でしわが見てとれなくなれば、通常の「小じわ」だと言えます。その部分に対し、きちんと保湿をする習慣が必要です。

果物と来れば、多量の水分の他酵素または栄養成分があることがわかっており、美肌には効果を発揮します。大好きな果物を、苦しくならない程度に大量に食べるように気を付けて下さい。
過度の洗顔や的外れの洗顔は、角質層に損傷を与え、敏感肌だったり脂性肌、プラスシミなど数多くのトラブルの原因の一つになるのです。
どんな時も理に適ったしわのお手入れを実施することにより、「しわをなくしてしまうだとか薄めにする」ことも望めるのです。意識してほしいのは、連日取り組み続けられるかでしょう。
お肌にダイレクトに利用するボディソープでありますから、お肌に負担とならないものが良いですよね。たくさんの種類がありますが、表皮を傷めてしまう品を販売しているらしいです。
ボディソープを使って体全体を綺麗にしようとすると痒くなってしまいますが、それは肌が乾燥している他なりません。洗浄力が異常に高いボディソープは、逆に肌に刺激を与えることになり。肌を乾燥させてしまうと発表されています。

美肌を持ち続けるためには、お肌の中より汚れを落とすことが大切になります。とりわけ腸の老廃物をなくすと、肌荒れが治るので、美肌に繋がります。
的確な洗顔ができないと、肌の生まれ変わりが正常な形で進行しなくなり、それが要因で多種多様なお肌を中心としたダメージに見舞われてしまうことになります。
メイクアップをきちんと落としたいと、オイルクレンジングを使用する方が見受けられますが、本当のことを言ってニキビは勿論毛穴で苦労している場合は、用いない方がいいと思います。
お肌自体には、実際的に健康を保ち続けようとする機能があるのです。スキンケアの根本は、肌に付与された作用を徹底的に発揮させることになります。
なんてことのない刺激で肌トラブルに見舞われる敏感肌で苦悩する人は、皮膚全体のバリア機能がその役割を担っていないことが、シリアスは要因だと言って間違いありません。

肌のコンディションは多種多様で…。

皮脂には色んな外敵から肌を護り、乾燥を防ごうとする働きがあります。とは言いつつも皮脂分泌が度を越すと、角質と混じり合って毛穴に流れ込んでしまい、毛穴が目立つようになります。
人間のお肌には、元々健康を持続する機能があるのです。スキンケアの鉄則は、肌が保有する機能を限界まで発揮させることだと思ってください。
知識がないままに、乾燥に進展してしまうスキンケアを採用しているという方が目立ちます。的を射たスキンケアをやれば、乾燥肌も治せますし、ツルツルの肌を維持できるでしょう。
スキンケアが形だけの作業になっている可能性があります。単純なルーティンとして、何となくスキンケアをしているようでは、期待以上の結果を得ることはできません。
肌のコンディションは多種多様で、異なるものです。オーガニック製品と美白化粧品の互いのセールスポイントを頭に入れ、毎日使用することで、あなた自身の肌に有用なスキンケアを見つけ出すことが大切になります。

お湯を利用して洗顔をすることになると、大切な働きをしている皮脂が取り除かれて、しっとり感が無くなるのです。このような状態で肌の乾燥が継続すると、お肌の調子は最悪になると思います。
皮膚の一部である角質層に保持されている水分がなくなってくると、肌荒れになることがあります。油分が潤沢な皮脂にしても、少なくなれば肌荒れが誘発されます。
クレンジングの他洗顔をする際には、可能な範囲で肌を傷めることがないように意識してください。しわの誘因?になるだけでも嫌なのに、シミ自体も色濃くなってしまうこともあると考えられています。
乾燥肌や敏感肌の人からして、どうしても注意するのがボディソープをどれにするかです。どうあっても、敏感肌の方対象のボディソープや添加物皆無のボディソープは、不可欠だと断言します。
お肌の周辺知識から日頃のスキンケア、肌の状態に応じたスキンケア、加えて男の方のスキンケアまで、多角的にしっかりとお伝えいたします。

乱暴に洗顔したり、しばしば毛穴パックをやりますと、皮脂を取り除いてしまうことになり、そのせいで肌が皮膚を防護しようとして、皮脂を大量に分泌してしまうことがあるのです。
乾燥肌や敏感肌の人から見て、何よりも意識するのがボディソープの選択です。とにかく、敏感肌の方専用ボディソープや添加物なしのボディソープは、必要不可欠だと思われます。
毛穴が完全に詰まっている際に、とりわけ効果を発揮するのがオイルマッサージなのです。そうは言ってもとんでもなく高額のオイルじゃなくても平気です。椿油またはオリーブオイルで事足ります。
ソフトピーリングをやってもらうと、困った乾燥肌に水気が戻ると言う人もいますから、試したい方は医者を訪問してみると納得できますよ。
アトピーを患っている人は、肌に悪い作用をするリスクのある内容物が取り入れられていない無添加・無着色、更には香料が含まれていないボディソープを買うことが絶対です。