PGCD VS ヴァーナル。ふたつの違いはなに?調べてまとめてみました。

MENU

PGCD VS ヴァーナル。ふたつの違いはなに?調べてまとめてみました。

PGCDとヴァーナルは、どちらも洗顔をメインにして美肌を目指すというコンセプトのコスメですが、どんな違いがあるのでしょうか。
ここでは、それぞれの成分や効果、使用感の違いなどを比較してまとめてみました。

 

●PGCD
・石鹸2種 
朝用(サボンクレール)・・就寝中に排出された老廃物を落とす。
夜用(サボンフォンセ)・・メイクや毛穴の汚れ、メラニンを含む古い角質を落とす。
・有効成分・・パイナップルエキス、リンゴエキス、モモエキス(サボンクレール)、オリーブ果実油、オレンジ・レモン果皮エキス(サボンフォンセ)
・トライアルセット2,980円(石鹸20g×2、美容液20ml)
・30日間返品保証      

 

●ヴァーナル
・石鹸2種
アンクソープ(クレンジング)
センシティブザイフ(仕上げ石鹸)
・有効成分・・カミツレ、ドクダミエキス(アンクソープ)、ハチミツ、アボカド油(センシティヴザイフ)
・トライアルセット980円(石鹸30g×2、泡立てネット)
・30日返金保証

 

 

●比較したまとめ
どちらも固形石鹸を2種使ってケアをするというところは同じですが、配合成分や使い方などは異なっています。
PGCDは落とす肌の汚れが異なるため朝と夜で別の石鹸を使うのに対し、ヴァーナルはクレンジング→洗顔といういわゆるW洗顔の要領で使用します。

 

価格については、ヴァーナルは現在キャンペーン中ということで安くなっていて、一見するとPGCDが高く感じしまいますが、石鹸2種+美容液(ロシオンエクラ20ml)がついています。
この美容液は口コミサイトでも評判が良く、購入すれば2,000円相当です。
なので、洗顔だけでなくその後のお手入れもトータルで試せるとなるとPGCDの方がお得かなと、私は思います。

 

ファンデの要らない肌を目指したいという人は、公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

使ってみた本音の感想は良い?悪い?口コミを調べてわかったこと。

ファンデーションの要らない肌になれると評判のPGCDですが、実際はどうなのでしょうか。
私は、ファンデーションの閉塞感が嫌いなので、使わなくていいようなキレイな肌になれるなら、ぜひ試してみたいと思います。
ここでは、PGCDを使った人の良い口コミ、悪い口コミをピックアップしてみました!

 

●良い口コミ
・泡がモコモコで気持ちいい。毛穴の汚れもすっきり落ちている。
・ピーリングなどの角質ケアの必要がなくなった。
・しばらく使っていたら、鼻の角栓が出来にくくなったように思います。
・使い始めて1年。肌質が改善されてファンデが要らなくなりました。
・最初は高い石鹸だと思ったけど、効果を考えるとこの値段はアリです。高くないです。

 

●悪い口コミ
・肌が乾燥気味になってしまいました。私には合わなかったです。
・薄化粧の人にはいいかもしれません。がっつりアイメイクする私には汚れ落ちが足りない気がします。
・泡立てるコツがつかめずなかなかいい泡にならない。
・石鹸自体は好きですが、自分にはちょっと高すぎて続けられません。

 

●口コミを調べてわかったこと。
全体的には良い口コミが多い印象でした。
メイクや皮脂汚れもすっきり落とせるのに乾燥せず、使い続けるとくすみがちだった肌が明るくなったというようなレビューが多かったです。
ただ、これは肌質によりけりなので、洗いあがりがつっぱるとか乾燥するという今ひとつな口コミが多かったのも事実です。
値段に関しても、肌に合っているので妥当だと考える人もいれば、シンプルな石鹸なのにこの値段は高すぎるという人もいて、評価は分かれていると思いました。

 

結局は自分の肌次第ということになってしまうので、気になった人は試してみることをオススメします。